注文住宅の間取りの決め方とは? 後悔しないポイントも解説
注文住宅の間取りの決め方

家づくりコラム

注文住宅の間取りの決め方とは? 後悔しないポイントも解説

注文住宅の間取りの決め方とは? 公開しないポイントも解説

注文住宅の建築で間取り最大の魅力は間取りを自由に決められることです。

ですがその自由度の高さから、間取り決めで悩んでしまう方が多いのではないでしょうか。

そこで今回の記事では、姫路市で注文住宅の建築実績が豊富な当店が、注文住宅の間取りの決め方や建てた後に後悔しないためのポイントについて解説していきます。

ぜひ最後までお読みいただき、間取りを決めるご参考になさってください。

注文住宅の間取りを決める流れ

まずは注文住宅の間取りをどのようにして決めていくのか、その一連の流れを解説していきましょう。

①家族全員の希望や優先順位を話し合う

はじめにご家族全員で理想とする間取りのイメージを出し合いましょう。
ここで出し合うイメージは些細なことでも構いません。なにより大切なのは、新しいお家でどんな風に過ごしたいかご家族の意見を集めることになります。

(例)
・子ども部屋がほしい
・全員が集まれるリビングがほしい
・広いお風呂がほしい
etc.

家族全員の意見が集まれば、自ずと間取りに取り入れる意見の優先順位が見えてきます。

②事例を参考に具体的な間取りをイメージする

つぎは家族の意見を反映した間取りを具体的にイメージしていきます。
そこで実際の間取りの事例を参考にするといいでしょう。間取りの事例は、工務店やハウスメーカーのホームページやカタログ、建売住宅のチラシ広告で見ることができます。またインターネットで間取りを検索してまとめたサイトを閲覧してみるのもいいでしょう。

③間取り作りをプロに依頼する

間取りの具体的な間取りイメージができたら、工務店やハウスメーカーなど、間取り制作のプロに依頼して作成してもらいましょう。

間取りプランを依頼する方法には以下のようなものがあります。

・工務店やハウスメーカーに依頼する

工務店・ハウスメーカーでは大抵の場合、設計プランを無料で作成してくれる場合が多いです。なによりもメリットなのは、依頼することで、担当者や設計士との相性がわかることです。家作りの将来のパートナーとなるので、設計プランのやり取りを通じて「注文住宅の施工実績があるか」「対応がきちんしているか」など合わせてチェックできます。

・設計事務所に依頼する

設計を専門にしているので、デザイン力があり、自由度の高い間取りプランの作成に期待ができます。その反面、総じて料金が高額な場合が多いです。

・ネットの間取りプラン作成サービスを利用する

スマホやパソコンから無料で間取りプランを依頼できます。たくさんの間取りプランを比較できますが、ネットを介しての依頼なので詳細な要望まで上手く伝わらない可能性があります。

上記に挙げた中で1番望ましいのは、「工務店やハウスメーカーに依頼する」ことです。特に、これから家を建てようとする地域で実績のある工務店に依頼するのはおすすめです。なぜなら、地元密着の工務店なら、気候や地質、生活習慣などを熟知しているため、要望を実現しつつ地元の風土に合わせた間取りプランを提示してくれます。

④間取りプランの詳細を決める

提案された間取りプランや見積書をじっくり比較検討します。
比較検討する上では、間取りプランの提案力やデザイン性はもちろん、住宅の機能性(耐震性、耐熱性など)も視野に入れて最終検討しましょう。

注文住宅の間取りの決め方

ここからは実際に間取りを決めることに取り組まれる方のために、考え方を解説していきましょう。

間取りイメージの基本的な考え方は、間取りに与える影響の大きい要素から小さい要素へと考えていくことです。絵を描くときに、まずはおおきな輪郭から描くのと同じように、間取り作りでも間取りの大枠となる部分から検討を始めて、次に細かい部分へと検討を重ねていきます。

① 玄関の向き、水回りの場所、階段の位置を考える

まずは間取りの大枠となるのは、「玄関の向き」「水回りの場所(階数)」「階段の位置」の3つです。それぞれの考え方を見ていきましょう。

・玄関の方角を検討する
玄関の方角を検討する


注文住宅を建てるときに最初に考えるのが「玄関の向き」です。どの方角に玄関を置くかで間取り全体や外構の位置が変わってきます。まずは玄関を設置する方角とその向きを決めましょう。

玄関を設置する方角は一般的には、家を建てる土地に道路が接している方角ですが、そのまま設置すると玄関を開けたときに通行人から玄関内が丸見えになってしまいます。そのため目隠しとなる外構を用意したり、玄関が開く方向を変更するなどの工夫が必要になります。

各方角に玄関を設置する場合のメリット、デメリットを以下にまとめました。ご参考になさってください。

玄関の方角を検討する
・水回りを1階にするか2階にするか検討する
水回りを1階にするか2階にするか検討する


水回り(キッチン・風呂・トイレを)を1階と2階のどちらにするかでも間取りは大きく変化します。一般的な2階建ての間取りでは、1階に水回りとリビング、2階には寝室・子ども部屋という構成ですので、水回りが1階か2階とでは、間取りがそのまま入れ替わるほど異なりますよね。そのため、2階建ての間取りの場合、どちらの階に水回りを設置するかを最初に決めるべきなのです。

ですが「2階に水回りを設置するメリットがあるの?」と疑問に思われる方もいるでしょう。実は環境によっては2階に水回りがあるほうがよい間取りもあります。例えば、通行人の多い道路に面した土地の場合なら、2階にすることで目隠しに。日当たりの悪い土地ならば水回りとリビングを2階にすることで、日当たりがよくリラックスして入浴やリビングで過ごすことができるといった具合です。

もちろんメリットだけではありません。最大のデメリットとしては、入浴の度に階段を使うとなると老後に入浴が困難になってしまう懸念があります。また水圧による耐震性の低下、排水音も考えられるので、ご家族の将来のライフスタイルも踏まえて検討しましょう。

・階段の位置を検討する
階段の位置を検討する

階段は1階と2階をつなぐ重要な生活動線となる要素です。設置することでスペースを取られるので、間取りを考える際には最初に検討すべき要素のひとつです。
一般的な2階建て住宅の場合、階段の考え方は「リビングを通って2階に上がる」、または「リビングを通らず2階に上がる」の2種類です。リビングを通って2階に上がる階段を「リビング階段」といい、近年の間取りで主流となっています。

リビング階段の最大のメリットは、お子さんが2階に上がる際にかならずリビングを通るので、コミュニケーションが取りやすいという点です。日々の生活のなかで、お子さんと顔を合わせる機会を増やしたいと考えてらっしゃる親御さんにおすすめです。

デメリットとしては、空調が効きにくい点が挙げられます。リビング階段を通じて吹き抜け状態で上階と繋がっているため、冷暖房が効きにくい傾向にあります。ですが、最近では断熱・気密性能が高まっているため、リビング階段は寒いという声は以前より少なくなっています。リビング階段を間取りに取り入れる場合は、住宅の断熱性・気密性を高めることが大切になります。

②家族構成で変わる間取りの考え方

続いては、家族構成や人数によって変わる間取り部分「キッチン」「リビング」「収納」について検討することにしましょう。
子育て世帯、二世帯同居など家族構成によって間取りは大きく異なります。また、子どもが巣立っていくことも踏まえた、将来的な家族構成の変化も念頭におきながら検討すべき間取りになります。

キッチンの配置を検討する

毎日使うキッチンは、少しでも使いやすくしたいものです。そこで意識すべきなのが、キッチンにおける動線「ワークトライアングル」です。ワークトライアングルは、キッチンで使う「コンロ」「シンク」「冷蔵庫」の3つを結んだ三角形の作業動線のことです。

3ヵ所ともに2〜3歩で移動できる距離が作業しやすい理想の距離とされています。また、3ヵ所を結んだ3辺を足した距離が3.6m〜6m程度が理想とされ、3ヵ所を結んだ動線の形状が正三角形に近いほど使いやすいキッチンとされています。

ワークトライアングル

このワークトライアングルを意識してキッチンの間取りを検討していきましょう。その際に、キッチンのレイアウトを決めなければなりません。キッチンはそのレイアウトの種類から大きくわけて「独立タイプ」「対面タイプ」の2つに分けられます。それぞれの特徴を解説しましょう。

・独立キッチン(クローズド・キッチン)

独立キッチン(クローズド・キッチン)

キッチンを壁で囲うことで居室から独立させた料理専用スペースとするレイアウトです。メリットとしては壁で囲われているので、キッチンが散らかっていても居室から見えないこと。それに区切られた空間なので調理に集中できる環境という点は料理好きの方におすすめです。

デメリットは換気性と採光性の低さ。独立キッチンは周囲を壁で覆われているので、窓が少ないため煙や油などがこもり、キッチン内も暗くなりがちです。独立キッチンを採用する場合は、窓を設けて換気や採光対策を講じるようにしましょう。

・対面キッチン(オープンキッチン)

・対面キッチン(オープンキッチン)

リビングやダイニングに対面するキッチンのレイアウトです。メリットとしては、キッチン自体が開放感にあふれ、料理をする人が家族や来客と会話を楽しみながら調理できる点です。
特に子育て世代の方には、料理しながらリビングにいる子どもの様子が見守れるとの安心感から人気があります。

デメリットとしては、その開放されたレイアウトのため、煙や油がほかの部屋に広がってしまうこと。また、キッチン周囲の通路を確保するために広い空間が必要になる点です。対面キッチンを採用する場合は、キッチンとリビング・ダイニングを合わせた広いスペースを確保できるか検討する必要があります。

リビングと各居室について検討する
リビングと居室について検討する

キッチンの配置を検討したら、次はリビングと居室について検討していきましょう。

・リビング
リビングは家族全員がくつろげて団らんを楽しめる、家の中心ともいうべき空間です。リビングの間取りを考える上で重要なのは、リビングに家族が集まる時間の動線です。朝の通勤・通学、帰宅後の夜は、家族全員がリビングを往来するので混雑しますよね。洗面所、ダイニング、キッチン、リビングのどこからでもスムーズに往来できる「回遊動線」を作れるように間取りを考えるといいでしょう。

・居室
住居、集会、娯楽のために利用する部屋を居室と言います。住宅では、子ども部屋、LDK、寝室がこれにあたり、トイレ、浴室、玄関、洗面室などは居室に該当しません。

子ども部屋
子どもの成長を見込んで間取りを考えるといいでしょう。子ども部屋の広さは4.5畳、6畳が一般的です。お子さんが2人なら幼少期は共有の居室で、大きくなったら間仕切りをしてそれぞれ個室にするといった具合に、お子さんの成長に合わせた自由なレイアウト変更が可能な間取りを検討しましょう。

・LDK(DK)
リビング(居間)、ダイニング(食堂)、キッチン(台所)の要素を兼ね備えた居室で、料理と食事とくつろぐ時間を共有するスペースです。広いリビングは憧れですが、広さを優先するあまり、くつろぐ場所から見えてほしくないトイレや浴室が隣接することにならないように間取りを考えましょう。

寝室
寝室は毎日の疲れを癒やす大切な居室なので、きちんと睡眠が取れる間取りにしたいものです。寝室の隣にトイレやお風呂を設置してしまうと、家族の使用音で睡眠が妨げられてしまうことがあります。家族の生活動線を踏まえた上で寝室を配置することが大切です。

収納について検討する
収納について検討する

収納はお家で快適に過ごすために必要不可欠なスペースですが、とはいえ収納ばかり作ってしまってほかの部屋の間取りに影響しては住まいの魅力が損なわれてしまいます。そのためには、さまざまな収納スタイルから、家族のライフスタイルに合ったものを選んで導入していきましょう。

・パントリー
キッチンの横に設置する主に食料品を収納するためのスペースです。食料品をまとめ買いして置いておけるので、買い物の回数が減り時間に余裕ができます。

・ファミリークローゼット
ファミリークローゼットは、家族全員の衣類をまとめて収納するスペースです。いままで収納は各部屋に設置するというのが一般的な考え方でしたが、玄関や脱衣所といった家族の生活動線上にファミリークローゼットを設置することで円滑な往来を促します。

・屋根裏収納
屋根裏収納は屋根と天井の間の空間を利用した収納スペースです。デッドスペースになりがちな屋根裏を活用できる便利な収納スタイルですが、建築基準法(92条「小屋裏物置等の取り扱い」)や地域の条例で定められた広さにする必要があります。

後悔しないための間取りチェックリスト

最後に注文住宅で後悔しがちなポイント8選をまとめたチェックリストをご用意しました。検討している間取りプランとこのチェックリストの項目と照らし合わせて、最終検討のご参考になさってください。

✓動線
実際に間取り図に家族の生活動線を書き込んでみましょう。
家族全員の朝の動線(起床して通勤・通学で外出するまで)、夜の動線(帰宅後から就寝まで)を書き込むことで、見えなかった動線が見えてきます。

✓収納量
収納スペースの広さ、高さ、奥行きが足りているか確認しましょう。
注文住宅で最も多い後悔が収納にまつわることです。収納不足だったり、使い勝手が不便といった後悔が挙げられます。収納量とあわせて使いやすい位置に配置されているかもチェックしましょう。

✓環境音
住宅の内外で発生する音について具体的にイメージしましょう。
屋外から聞こえる、道路や線路といった騒音、室内から聞こえる水回りの使用音などをチェックして、騒音に影響されない間取りか確認します。騒音対策として防音に強い建材を選択することも視野にいれて検討しましょう。

✓外からの視線
外からの視線をコントロールできているか確認しましょう。
人通りの多い道沿いや周囲に家が隣接している場合は、どうしても室内が外からの視線にさらされてしまうものです。玄関や1階のリビングなどが外から見えてしまうケースが多いです。「玄関が開く方向を変える」「フェンスを設置する」「リビングを2階にする」など対策を検討しましょう。

✓採光
周囲の建物で日差しが遮られないか確認しましょう。
間取り図から、日差しが得られるシチュエーションをすべて検討していきましょう。日中の日差しはもちろん、季節によっての変化も確認しておきましょう。十分な日差しが得られない場合は、窓の大きさ位置の変更で対応しましょう。

✓風通し
各部屋で十分な換気が行えているか確認しましょう。
風通しのよい間取りを作る基本は、部屋に風の入口と出口が対面になるように設置することです。家を建てる地域の風向きや建位置関係を考慮しながら風の通り道を確保するとより効果的でしょう。

✓コンセント
必要な数が揃っている、位置が正しいか確認しましょう。
コンセントも注文住宅で多い後悔のポイントです。なぜなら、不便だから、足りないからといってあとから簡単に増やせないからです。
コンセントの数や位置を導き出すために有効なのが、間取り図に直接その部屋でのコンセントの使用目的と、実際に使う家具を置く位置を書き込むこと。具体的な使用状況がイメージできるようになり、必要な個数、位置が想定しやすくなります。

✓将来の安全性
高齢になっても安心して住める家かどうか確認しましょう。
どんなご家庭でも、時が経つにつれてライフスタイルは変化するものです。そんなライフスタイルは変化に寄り添ってくれる間取りになっているか確認しましょう。バリアフリーの設備を導入するのなら、老後の住みやすさばかりに注目するのではなく、今現在も将来も必要な設備から導入することでコストを削減できます。

まとめ

注文住宅の間取りは自由に決められるからこそ悩ましいものです。
今回ご紹介させていただいた、注文住宅の間取りをお考えになる参考になれば幸いです。

姫路市で注文住宅をご検討されている方は、当社「アイフルホーム姫路店」までご相談ください。

当社は兵庫県で30年間、3,000棟の施工実績を誇る工務店です。姫路市の地域に密着して注文住宅を多数手掛けてきました。

「安全・安心な家をつくりたい」
「経済的に豊かになる家をつくりたい」
「お客様の暮らしに合わせた家をつくりたい」

アイフルホームの3つの想いを胸に、ベテランスタッフが一丸となって対応いたします。

家づくりコラム一覧へ戻る