兵庫県で注文住宅のおしゃれなモダン和室のご相談はアイフルホーム三宅工務店にご相談ください

おしゃれなモダン和室のある注文住宅で大人の空間をつくる

家づくりコラム

おしゃれなモダン和室のある注文住宅で大人の空間をつくる

モダン和室01

日本人にとって、畳のある和室は心落ち着く空間です。注文住宅に和室を取り入れたいのなら、近年の住宅と調和が取れる、おしゃれなモダン和室がおすすめです。また、和室として独立した部屋を設けるのではなく、畳を使ったスペースをリビングなどに設置する例も増えています。
「住宅内のデザインにマッチしない和室になってしまった」と後悔しないように、洋風のインテリアに調和するモダン和室のつくり方をご紹介します。

現代の洋風建築にマッチするモダン和室

モダン和室02

和室は洋風の住宅が一般的となった現代でもニーズが高く、注文住宅のオーナーの多くが和室や和のスペースのある住宅を選択しています。そんな注文住宅のオーナーに人気なのが、モダンな和室です。近代的でスタイリッシュなモダン和室なら、洋風のインテリアやデザインにもマッチします。
モダン和室をつくるのなら、畳の種類にこだわってみましょう。一般的な畳は長方形で縁があり、色も伝統的ない草の色です。しかし縁のない「琉球畳」なら、色も形も自由に選べるのでデザイン性の高い床を実現してくれます。正方形の琉球畳でモザイク柄の床にしてみたり、インテリアと合わせたカラーリングで洋風の空間になじむ和室にしたりと自由自在にデザインできますよ。

また、小さな窓に雪見障子を取り付けると、外から見れば洋風に、内から見れば和の中にも洋を感じるモダンな障子ができあがります。より現代のスタイルにマッチするモダン和室になります。

モダン和室に「床の間」は必要?

従来の和室には、床の間と呼ばれるスペースがありました。床の間は床を一段高くした場所に設けられる小さなスペースで、季節の花や掛け軸を飾る場所です。これは「茶の湯」には欠かせないものでしたが、現代の生活にはそれほど必要ないものでしょう。モダン和室では、床の間をつくらないケースも少なからずあります。
床の間ではなく造作棚壁面収納埋め込み収納をつくり、個性的なスタイルにするのもおすすめです。

開放的で広さのある「和のスペース」もおすすめ

モダン和室03

リビングやダイニングに面するように、和室様のスペースをつくるのもおしゃれですね。フローリングと段差がないよう、フローリングの色と似た色の畳を設置すれば見た目の違和感もありません。リビングとダイニング、それに和室がつながる空間は、開放的で実際よりも広さのある空間に見えるのもメリットです。
モダンな和室や和のスペースをつることで、おしゃれながらも癒やしや和みを感じられる、素敵な注文住宅になりますよ。

家づくりコラム一覧へ戻る