使いやすい玄関間取りはどんなの?

家づくりコラム

使いやすい玄関間取りはどんなの?

玄関に収納しておきたいものは、靴だけではありません。その家庭によって様々なものがあると思います。家族が通勤、通学で玄関を使う時間が重なる場合、2人以上が横に並んで靴を履ける状態でなければ使いづらいと感じることになります。理想的な玄関ホールの広さは、玄関に収納したい物の種類や量によって見当をつけることができます。注文住宅で建てる場合は設計士の方と自分の理想の玄関象をよく話し合いと良いですね。

玄関ホールの大きさ

収納スペースをたっぷりと確保しても靴を脱ぎ履きするスペースが狭いと、不便に感じやすくなります。お客さんがコートを脱ぎ着したり、小さな子どもがいるご家庭では横に並んで靴の着脱を手伝ってあげたりと、意外と玄関には広さが必要です。玄関ホールの奥行きを深く、間口(幅)を広くすることで、空間にゆとりを感じることができます。洗面室やリビングの扉を玄関ホールの手前ではなく奥に設けたり、玄関に入って正面の壁に飾り棚を設けたりすることで、奥行き感を出すことができます。

玄関クロークも活用できます

玄関の役割と収納の役割を緩やかに分けることができるため、非常にスッキリとした玄関にすることができます。人によっては玄関収納スペースに靴以外に、自転車やベビーカーを収納したり、コート、清掃用具、傘立てなどはもちろん、キャンプ用品やゴルフ用品などのかさばるものをおいておきたいという方もいると思いますので、求めているものにより最適な広さは変わってきます。必ず設計士やハウスメーカーの方と納得のいくまで話し合い、必要に応じて最適なスペースを確保する事をオススメします

玄関にも開放感

玄関ホールに吹き抜けを設けると、明るく風の通る空間を持つ玄関にすることができます。閉め切っておく場所なので、どうしても風通しが悪くなりがちです。雨の日には濡れた靴は傘を置くので、湿度が高くなり、風通しが悪いと、革靴にカビが生えたり、嫌なニオイが発生したりしてしまいます。玄関を閉め切ったままでも、風が通りぬけるようにしておくと、玄関の換気が良くすることができます。

玄関収納は暮らしのしやすさを考える上でも、非常に大事なポイントの1つです。玄関の収納をどのようにするかで、外出時をはじめ帰宅時の動線が大きく変わります。また収納は広く大容量のものに越したことはありませんが、無理に玄関の収納力を高めると、今度は玄関が窮屈で不便になってしまう恐れがあります。家族が毎日使う場所ですから、出入りのしやすさを一番に考えた玄関づくりを心がけましょう。注文住宅で建てるなら展示場や、モデルハウスを見学し参考にしてみても良いですね。

家づくりコラム一覧へ戻る