家族と過ごす空間づくり平屋の住宅

快適な平屋

家づくりコラム

家族と過ごす空間づくり平屋の住宅

平屋とは、リビングやキッチン、寝室、バスルームなど必要な空間を1フロアに詰め込んだ「1階建ての家」のことをいいます。2階や3階がない分、建築コストを抑えられますし、構造的に安定しているのも平屋の特徴です。

平屋の家は重量が軽いものの重心は安定しており、大きな地震に襲われても揺れが小さくなるという特徴があります。また、壁面積が小さいことから台風による被害を受けにくいのも、平屋の特徴。総じて災害に強い家をつくりやすいといえます。

家族が自然と集まる空間

平屋住宅は、家事動線がコンパクトになることや、家族との距離が近くコミュニケーションが生まれやすいという、1階建てだからこそのメリットがあります。階段の上り下りがなく同じフロア内に全ての部屋が収まることで、作業の流れがスムーズになります。また、ワンフロアで家族と生活できるため、顔を合わせる機会が増えること、バリアフリーな空間で、子どもから高齢者まで安心して暮らせるのも魅力。

平屋の場合2階に部屋がないため、リビングやダイニングを通過しなければ部屋に行けないような間取りにすることで、自然と家族が集まるようになります。特に子供がいる場合、成長するにつれて2階の部屋にばかりいてコミュニケーションがとりづらくなるのではと心配する可能性もあります。

家族が自然とリビングやダイニングに集まることができるのは平屋の大きな魅力でしょう。また、家族が集まりやすい間取りになれば、自然と家族間のコミュニケーションも増え安心する空間を作ることができます。

ワンフロアの暮らしやすさ

平屋最大の特徴は何と言ってもワンフロアで暮らしの全てが完結するということです。上下階への移動がないため、家中の移動も楽で、家事動線もシンプルになります。
また、階段が無いことによって、余計なドアや廊下が不要になり、横の方向に広がりをつくることもでき、開放感を生み出してくれます。さらに、2階がない分、天井を高くしたり、勾配天井にしたりと、スタイリッシュな空間も演出しやすくなります。

台風や地震に強い

地震の揺れは高層ほど大きくなります。平屋は2階・3階がない分、揺れには強い構造です。また、台風や強風などの影響も高さがあるほうが受けやすいので、おおむね災害に強い造りといえるでしょう。

重視したい家事動線

家族間の移動だけではなく、一人ひとりの動線も意識しましょう。例えば料理、洗濯、掃除など、家事をこなすときの経路はスムーズに動けるよう十分に確保を。平屋の場合の効率的な家事動線は、出入り口が二方向にあるとよいとされています。入口兼出口が一方のみの造りではなく、両方向から自由に行き来できます。

家づくりコラム一覧へ戻る