家づくりコラム

二階建て間取り

2019.02.18

[42坪]みんなが集う広々リビングの間取り

家は、当然のことながらプライベートのほとんどを過ごすこととなります。
人生で大きな買い物となる家は、建ててから「ここにコンセントが欲しい」「壁をもうちょっとずらしたい」なんてことを実行するのにもお金がかかります。

この家で実際に暮らし、どのように生活していくのかを何パターン、何十パターンも想定し、さらには子どもが大きくなり老後のライフスタイルなども考えて購入しなければいけません。
そのためにも、アレンジの効く注文住宅にすることで、満足のいく生涯住宅を目指すことがおすすめです。

注文住宅はその名のとおり、すでに土地に建っている家を購入する建売とは違い、間取りや吹き抜けなど設計から始めるため、自由度がとても高いのが特徴です。
今回は注文住宅を考えている方におすすめの吹き抜け広々リビングが嬉しい、42坪の2階建ての注文住宅とその間取りをご紹介していきます。

 

 

注文住宅:吹き抜けのある2階建ての家


注文住宅の中でもスタンダードである2階建ての間取りの家は、不動の人気を誇ります。
分譲地や宅地などでも、2階建てを前提した土地が多いのも人気の理由のひとつ。建ぺい率や容積率なども考えると2階建ての注文住宅は、一番効率がいいと言われています。

分譲地などで多い40坪前後の土地面積で平屋を建てると、家族で暮らすには少し狭いですから、同じ土地面積でも二倍の家の床面積となるので間取りの幅も広がり、2階建ての注文住宅はアレンジのしやすい家でもあります。

また、間取りで吹き抜けを造ることができるのも大きなポイント。
平屋の家は、周りが二階建ての家だと影になってしまい、日当たりが良くないこともしばしば。2階建ての注文住宅だと日当たりも比較的良く、心配することもありません。
それでも土地が角地ではなく、「日当たりが心配」といった時には思い切って吹き抜けをつくることで、天窓などから光を取り入れる間取りにすることができます。

 

 

吹き抜けリビングにみんなが集う間取り[42坪]


PBP31 1F-01PBP31 1F-01
①吹き抜けのある開放的な26.6帖のリビング

一番家族が集まる場所であるリビングを、大胆にワンフロアいっぱいに配置した間取り。
友人を呼んでホームパーティーをしたくなるような開放的な空間です。

 

②土間収納で玄関スッキリ

土間収納スペース

玄関につながる土間つづきの収納スペースは、子どもの遊び道具やベビーカーなど、様々なものを置くことに適しています。荷物を玄関で気軽に出し入れすることができるため、人気の間取りのひとつとなっています。

 

③忙しいママに嬉しい室内干しスペース

バルコニーの横を室内干しスペースにすることで、雨の日でも夜でも時間を気にせず洗濯物を干せる家事ラク間取りに。

 

④たっぷりウォークインクローゼット

ウォークインクローゼット

closet

ウォークインクローゼットがあると、衣類を衣替えせずに済むなどの他に、暖房器具や布団なども取り出しやすく片付けやすいように収納することができます。寝室に物を置かずにスッキリ過ごせます。

 

もっと見る→コラム:[39坪]オトナ夫婦の平屋の間取り実例

関連記事

こちらの記事も人気です

ページトップに戻る
来場予約キャンペーン
アイフルホーム無料資料請求
アイフルホームのモデルハウス